債務整理の代理人

債務整理の代理人は誰に頼むといいのでしょうか?
借金を返す場合、強い味方になってくれる人は、弁護士や行政書士、司法書士などのプロの法律家です。
しかしながら、弁護士、行政書士、司法書士はどのような違いがあるのか分からない、相談を誰にするといいのか心配というような場合も多くあるようです。
では、具体的に弁護士、行政書士、司法書士はどのような違いがあるのでしょうか?
弁護士は、裁判における弁護活動だけでなく、行政関係、司法関係の書類も作っていますまた、金融業者と債務整理の代理人として直接訴訟・交渉できます。


司法書士は、取り扱いが司法関係で、裁判所に出す不動産登記などの書類などを作っています。
法律が2003年に改正されたことによって、140万円以下の借金の簡易裁判所で行われる民事訴訟の場合だけ、債務整理の代理人として弁護士と同じように金融業者と直接訴訟・交渉できます。


行政書士は、取り扱いが行政関係で、役所に出す書類などを作っています。
行政書士の場合には、司法書士や弁護士のように書類を裁判所に出すことはできません。
また、弁護士のように債務整理の代理人として直接金融業者と交渉はできないため、交渉は書類でのものになります。


このようなことから、債務整理の代理人としては、高額な借金の場合は弁護士、少額の140万円以下の場合は司法書士にそれぞれ依頼するのがいいでしょう。
本サイトでは、誰に相談するか、依頼は誰にするか、についてご紹介します。

Copyright © 2014 債務整理の代理人、誰に頼む? All Rights Reserved.